お問合せ

お問合せ

 病気について

感染症が治ったら・・・

感染症が治って、登園する場合は、かかりつけの医師に登園の可否をお尋ねください。

登園許可書・・・受診後、医師が直接記入する必要な感染症の場合

%e7%99%bb%e5%9c%92%e8%a8%b1%e5%8f%af%e6%9b%b8

登園確認書・・・受診後、保護者の方が記入する必要な感染症の場合

%e7%99%bb%e5%9c%92%e7%a2%ba%e8%aa%8d%e6%9b%b8

 

  • 苦情受付窓

    担任や職員にはいいにくいなどの場合に、ご利用下さい。この制度を用いた苦情については、園長をはじめ、必要な職員へ周知し、問題の解決につとめます。また、原則として、すべて第三者委員へ文書にて報告します。ただし、苦情をお申し出の方が、第三者への報告は必要がないと判断されたときはいたしません。保育園で起きたことへの苦情へ適切に対応することを通じて、保護者のみなさんの理解を高めるために、苦情受付窓口を設けています。普段のご相談は、担任などの職員へお話しいただいいて構いませんが、担任にはいいにくいとか、納得がいかないなどの不満や苦情があるときは、以下の窓口をご利用ください。一定のルールに沿った方法で、解決に努めます。

    苦情解決責任者:園長 小川 明美

直接、保育園に言い難いことや、何度いっても解決しないようなことが仮にあったときに、次の第三者委員へ、直接話していただくことも可能です。

  • 苦情解決第三者委員: 中山 貞男(昭和大学 客員教授)、宮岡 達志(元民生委員)

※個人情報に関するものや、苦情の公表を拒否される場合をのぞき、基本的には苦情・不満の解決について、毎月のホームページで、また年度末の事業報告などで公表し、保育園の改善につとめます。

お問い合わせ

社会福祉法人 いるま保育会
新宿いるま保育園
〒162-8655 東京都新宿区戸山1-21-1(国立国際医療研究センター内)